MENU

おまとめローンと任意整理などとの境界線とは?

 

おまとめローンを利用して、今の金利負担を解消しようと考えることはあると思われます。

 

ですが、いくらおまとめローンを利用しても、返済にかなり苦労したり、ひょっとしたらお金が返済できたとしてもかなり長い年月がかかるなど任意整理などの方がいいのではないか?ということを考えないといけない場合もあるでしょう。

 

特におまとめローン利用をするというのはかなり借金でせっぱつまっているような状況なので、なおさら考えなくてはいけません。

 

しかし、その判断はどうやってすればいいいのか? そこが悩みどころです。 では、実際にどんな点を考慮して任意整理などとおまとめローンの利用の判断をつければいいのでしょうか?

 

悪徳のおまとめローン業者に気をつけろトップページへ

 

おまとめローン自体が利用できるかどうかで判断

 

まず、判断しなくてはいけないのは、おまとめローンが利用できるかどうかという点であります。

 

おまとめローン自体が利用できないような場合(例えば、借入業者があまりに多かったり、収入や資産に比べて借金が多すぎる場合など)でスト、もはやおまとめローンの利用はあきらめざるをえません。

 

そうなったときには仕方がないので任意整理などの手段で解決をつけるしかなくなります。まずは、自身がおまとめローンを利用できるかどうかが重要な点であります。 

 

借金の返済期間で判断

 

次に、しおまとめローンが利用できると判断できたとしても、借金の返済がどれくらいかかるかという面を判断しないといけないのであります。

 

おまとめローンが利用できたとしても、返済に何年もかかるようですと、その間の生活はかなり厳しいものもありますし、計zくすることが難しい性格なら完済までの成功も考えると厳しいものです。

 

自身の性格が、長い間の返済生活に耐えられなかったりする場合や、あまりに長木の返済計画でかえって利息負担が多くなったりするなど、おまとめローンを利用するのが向いていなかったり、しない方がいいようなとき、返済期間が耐えられないと思ったときには、任意整理などに向かう方がいいとの判断を下した方がいいかもしれません。

 

信用情報になるのが嫌かどうか

 

また、肝心な点として信用情報になることが嫌だかどうかも考えておくといいでしょう。

 

一度信用情報に乗ってしまうと、最低でも5年は記録が消えませんし、自己破産をすれば職業に就けないとか新たな借り入れができないなど、ものによってかなり苦しい生活をしないといけない場合もあるのです。

 

自身の職業の関係で任意整理などができないとか、こういったところに情報が載るのが嫌だというときには、多少苦しくてもおまとめローンを利用するという方向に舵を切るといいでしょう。

 

おまとめローンか任意整理や自己破産などを選ぶかは、自分の客観的状況と自身の感情をうまくはかりにかけて判断することが大切になります。